HOME>ホットトピックス>見積や事前の商品に関する知識は必要となる

給湯器の号数を最小限調べる

給湯器

ガス給湯器を買う時には、どれくらいの号数の物を購入したらいいのか、あらかじめ確認してから買うことが必要です。家族構成によって使うお湯の量は大幅に異なる為、1分間に作るお湯の量が少ない分、小家族向けの号数の給湯器となります。16号であれば1分間に25度上げるお湯の量が16リットルとなる為、シャワーを使っている間に台所でお湯を使うには少々不足すると考える人が多いです。そのため、シャワーを使っている間に台所でもお湯を使って差し支えない号数である、20号から24号くらいの給湯器を購入したほうがいいでしょう。購入する前にある程度号数について調べて準備をすることで、販売店との話がスムーズに進むため、必ず実行してください。

見積は現場を見てもらう事

インターネットで人と接触する機会を減らし、なるべく手続きを取れるようになってきていますが、ガス給湯器を買う時には、直接現場を見てもらってから買いましょう。理由として、給湯器を買う時にはどれくらいお湯を使うのか、配管工事はどれくらいの長さ実施するのかなどが、現場ごとに違うからです。現場ごとに違う部分を見ないで工事することは、あとからトラブルが発生しやすくなる為、必ず工事を依頼する前に現場を見てもらい、見積もりをもらうことでトラブル回避につながります。長い間使うものである以上、なるべく工事をする前に係員と直接顔を合わせ、定期的なメンテナンスやわからない時に相談するなど頼れる時に頼ったほうがいいでしょう。

広告募集中